釣って食べるvol.2【ウミタナゴの塩焼き】

 

相性のいい清水の江尻埠頭にて海釣りに行ってきた。

仕掛けも前と一緒で、ぶっ込み釣りに青イソメの餌でチャレンジ。

結果は立派なお魚3匹を釣り上げた!

一番大きい魚は自分史上最大サイズで大興奮!!

 

赤っぽいのは真鯛の子供で後2匹はウミタナゴ。

真鯛の引きが一番強くて「釣ってるなぁー」って感触があって楽しかったw。

前回釣った魚もママカリだと思っていたのが、ウミタナゴだった事が判明。

どちらにせよ食べられる魚だったが、

もし食べられない魚だったらと思うと気をつけねばなと反省><。

 

流石に3匹一度には食べられないので内臓だけ取り除き、

今回は一番大きい魚のみを塩焼きにすることに。

 

 

 

塩を振って魚焼きグリルで焼いただけだが意外に美味そうにできた!

そこに炊きたてご飯味噌汁を加えれば立派な夕食の出来上がり。

白身魚なので味は淡白だが、塩味をしっかり付けてあるので塩味が心地よく美味い。

醤油も加えればさらに良し。食感は柔らかくて食べやすかった。

やっぱり日本人だから、和食はほっとするね。

 

ウミタナゴの塩焼き【釣った魚を食べよう!2】

コメント

タイトルとURLをコピーしました